私が好きな金閣寺と銀閣寺

外国人に対する「日本で一番行きたいところは?」というアンケートの回答に、必ず京都が含まれています。 行きたい理由には、「多くの日本の文化が吸収できる」や「日本の心に触れられる寺院や仏閣がある」などの意見がありました。

外国人にも人気の京都には、多くの有名な寺院や仏閣がありますが、 中でも私が特に好きなのは、金閣寺と銀閣寺です。

正式には「鹿苑寺」(ろくおんじ)という金閣寺の歴史を振り返ってみると、鎌倉時代、西園寺公啓(さいおんじきんつね)が京都市北区に西園寺を建立しました。 その後鎌倉幕府が滅亡すると、西園寺を譲り受けた足利義満が、1397年に「北山殿」と呼ばれた邸宅を造営しました。 足利義満の死後、舎利殿を残して「北山殿」は解体され、足利義満の法名「鹿苑院殿」から2字を取った禅寺「鹿苑寺」と名づけられました。

金閣寺を代表する舎利殿の“金閣”は、「北山殿」で唯一解体を免れた、漆塗りに金箔を張った建造物です。 1950年に失火によって全焼しましたが、1955年に再建されました。
3層構造になっている“金閣”は、別々の建築様式を採用した異色の豪華な造りになっています。 法水院(ほうすいいん)と呼ばれる寝殿造りの1層には、中央に宝冠釈迦如来像、向かって左側に足利義満像が安置されています。
潮音洞(ちょうおんどう)と呼ばれる武家造りの2層には、岩屋観音像と四天王像が安置されています。
3層は究竟頂(くっきょうちょう)と呼ばれる禅宗仏殿造りになっており、「さわら」という薄い板を重ねたこけらぶきの屋根の頂上には、鳳凰が飾られています。

一方、正式には「慈照寺」(じしょうじ)という銀閣寺は、足利義政が祖父である足利義満の「北山殿」を参考に1490年に造営しました。
銀閣寺を代表する観音殿の“銀閣”は、「心空殿」と呼ばれる住宅様式と、「潮音閣」と呼ばれる禅宗様の仏堂の2層構造になっています。 また、“金閣”と同じように、こけらぶきの屋根の頂上には、鳳凰が飾られた現存する唯一の楼閣庭園建築です。
“銀閣”に「銀箔が張られた」と言われましたが、足利義政が茶道を趣味にしていたわび・さび人だったため、銀箔を張る計画はなかったようです。
“銀閣”の前に広がる錦鏡池(きんきょうち)を中心に、銀閣寺の庭園は西芳寺を模した池泉回遊式で造られており、1952年に特別史跡、特別名勝に指定された景勝地です。 また、本堂の前庭には、砂を波形に盛り上げ、波紋を表現した「銀沙灘」(ぎんしゃだん) と、白砂を円錐形に盛った「向月台」(こうげつだい)があり、見所のひとつになっています。

私が好きな金閣寺や銀閣寺だけではなく、観光地である京都には数多くの名所があります。 桜や紅葉など、季節によってさまざまな景色も楽しめます。
何度も訪れたくなる京都を旅行する機会に恵まれたら、思う存分楽しみましょう。