お子様の習い事に!よさこいがオススメな5つの理由

文武両道、お子様の習い事にはスポーツやアート系から2つ程選ぶのが好ましいと聞いたことがあるでしょうか。そこで今回は、2つの分野にわたる側面を持つ習い事として「よさこい」をお勧めしたいと思います。

【理由、其の一】挨拶ができるようになる。
当たり前のことかと思いますが、昨今不審者や事件のせいで挨拶という文化が失われつつあり、伴って子供達も挨拶の機会を失っています。よさこいの現場ではお客様に始まりと終わりの挨拶をすることもさることながら、お世話になったイベントスタッフさんやメンバー、その家族に挨拶が必要になります。大人同士が挨拶やごめんなさい、ありがとうを言葉に出しているのを近くで見る事で、子供達にも自然と力が備わっていきます。

【理由、其の二】様々な年代の人と関わる。
核家族化した現代では、自分の親の年代までの人としかあまり関わりがないと言う場合も増えています。従って年配の方への想像力が乏しく共感が難しい、なんてことも増えてきました。よさこいでは下は1、2歳上は80代くらいまで、幅広い方が活躍しています。親以外の方が自分の面倒を見、自分も誰かを手伝いながら活動をします。その中で様々な状況の人への共感力が身につき、人として必要な対応力が身につきます。

【理由、其の三】運動能力の向上
よさこいでは体幹トレーニングやリズムトレーニングを行います。その為最近体育の授業でやるダンスのように、早い段階で自分の体がどう動かせるのか掴めるようになってきます。また、踊りは最初人の真似から始まります。それによってどんなスポーツを行うときも、ある程度のところまで人の模倣をし上手くできるようになっていきます。

【理由、其の四】規律を守る
学校においても生活においても、約束事を守れない子がいます。理由は様々ありますが、守らなかった時にどうなるかに対する意識が希薄だと言うことが一つあげられます。よさこいでは早くから社会性を学びます。間違った行為をした時チームとしてどうなるか、個人がどうなるか、しかも何か起こったときの反応はすぐ身近で起こります。考える力が徐々に身につき、今度は子供達も規律を教える側に回ります。

【理由、其の五】家族で楽しめる
子供の頃の思い出は、どこか遠出した時の思い出が強くありませんでしょうか。よさこいは遠征も多く、かつお祭りなので家族全員が楽しむことができます。子供は成功体験、承認欲求への満たしを積み重ねることができ、かつ楽しい思い出も得ます。

是非気になった方は、近くのよさこいチームに見学に行ってみて下さい。この機会に家族で始めてみてはいかがでしょうか。